ボーイから嫌われるキャストの特徴

cf56ab8ecbe880b39999db26dd59ab70_s

ナイトワークのご紹介をしていると、
よくキャストとお店の板挟みになります。

女性からお店に対してのクレームがあると、すぐにお店に連絡し事実確認をしています。

お店が100%悪い場合は
当然改善を求めますし、
それでも改善されない場合は
違うお店に移店してもらいます。

けれど中には、
お店側の言い分があることも多々あります。

今回は実際にあったケースと、
お店の方に嫌われるキャストの特徴を
いくつかご紹介させていただきます。

その① 出勤調整に対するクレーム

出勤調整とは?
出勤したくても、
制限されて希望日に出勤できないこと。

Aさん
「出勤調整されない条件で入店したのに、
出勤したくても出勤できないんですけど。
どうなってるんですか?」

するとお店の主張はこうでした。

店長
「毎週木曜に来週の1週間のシフトを
提出してもらっています。
木曜日の段階できちんと
シフトを提出している分に関しては
出勤調整は一切していません。
そういう約束でしたらから。
ただし今回は木曜日時点では
来週は出勤できないと
言っていたにもかかわらず、
月曜日になって
いきなり今週出勤させてほしい
と言ってきたんです。
けど今更言われても空きはない、
また来週のシフトをきちんと
提出するようにと本人には伝えました。」

とのこと。
お店に落ち度があるとは思えません。

実例② 早上がりのクレーム

Aさん
「5時間労働はできるって言ったのに、
昨日4時間で上がらされました。
どうなってるんですか?」

店長
「昨日はすごい暇だったので、
4時間で上がってもらいましたが、
1日の平均労働時間を計算すると
5時間を超えていますし、
面接時に約束した月収にも
届いているはずです。
暇な日に1時間減ったくらいで
文句言うなら当店にはいらないです。
というか、
どれだけ暇でもお客様呼んでれば上げません。」

このお店は紹介当時は
20時オープンだったのですが、
紹介後しばらくして
21時オープンに変更されました。
それで本来よりも
1時間短い労働時間になりました。
けどそんな中でも、
お店は極力稼がせてあげる為に
雑費や送迎代を無料にし、
勤務時間も極力長くして
コンスタントに5時間を守る
という努力をしてくれていました。
約束が違う!とお店に強く当たるのは、
あまりにも優しさというか
お店の努力に対しての配慮が足りず、
自己主張が強すぎるような気がします。

上の2つは極端な例でしたが、
このように主観的にしか
物事を考えれないキャストはいます。
お店の人の肩ばかり持っているじゃないか
と思われる人もいるかもしれないですが、
言いたいことはそうではありません。

クレーマーキャバ嬢は嫌われる、
嫌われると環境は悪化する。

何かにつけてお店に対して
クレームというか文句を言ってくる
キャストさんがよくいます。
お店の努力や頑張りを無視して、
自己主張ばかり激しい子は
絶対にお店の人に嫌われます。
お店の人に嫌われると、
働きやすい良い環境は
絶対に手に入りません。

お店の方に嫌われるキャストのタイプ

お店の方に嫌われるキャストには、
いくつか共通点があります。
もしあなたにも該当する点があったら、
意識して直すようにしましょう。

その① 何かにつけて理由をきく

働いていると、
お店の方から指示を受けることが多いです。その時に素直に言う事を聞かずに、
逐一指示の理由を聞くキャストがいます。

簡単な指示には素直に従ってください。
そんな難しいことではないはずです。

その② 注意された時の態度や返事が悪い

対面での注意や
メールやLINEで注意すると
「はーい」や「は~い」
と、ふてぶてしい返事をするキャストです。
注意してるのに、
ふざけた態度をされると人は当然怒ります。
「親しき中にも礼儀あり」
を、忘れないように気を付けましょう。

失敗をとことん責める

ドリンクの作り間違えや
オーダーの漏れもたまにあります。
「私○○ってドリンク頼んだんですけどぉ!!!(叫)」
「アイスまだなんですけど!!!(怒)」
もう少し言い方あるんじゃないかな
と思うような言い方をする
キャストがたまにいます。
お客様もお店の方に
偉そうにしてるキャストに
女性としての魅力は感じません。

以上を意識しながら、
謙虚な姿勢を大切にしてください。

自分に優しく、人に厳しくしていると
嫌われて当然です。
嫌われると働きやすい良い環境は
絶対に手に入りません。
なんでもかんでもお店に
クレームをつけたり、
注意を受けた時に
不愛想な対応をするのは
絶対にやめましょう。

なにも得しません。

逆にお店の方に気に入られると、
色々と融通をきいくれるようになります。
働きやすい環境が手に入ります。

紹介側として、
利用者のクレームに同調や共感し、
一緒になってお店を批判し、
別のお店を紹介することは簡単です。
お店にはお店の言い分があることを
諭すように説明しても
「お店の肩ばかり持つ」
と嫌われるリスクすらあります。

けれど一緒になってお店を
批判し移店しても、
その利用者にとって
根本的な解決にならないケースもあります。

結局次のお店にいっても
お店の方に嫌われて
お店を変えたいとなるからです。

お客様だけでなく
お店の方すらも手玉にとって
上手にコミュニケーションをとって
気に入られてください。

それがあなたの力になります。

最近の投稿

カテゴリー