誰でもできるお金持ちとエセ金持ちの見抜き方

89867c50a719ffc4f686e8ed787b40f0_s

キャバ嬢はお客様のいう事を
鵜呑みにしちゃ絶対にダメです。

仕事のできないキャバ嬢ほど
お客様の嘘に騙され翻弄されています。

お客様A
「俺、たくさん飲みに行ってるからこれから指名で通ってあげるよ!(だから今日アフター行こ)」

こんな風に
初めて来店されたお客様で
気前の良いことを言って、
店外デートを誘ってくる
お客様がたまにいます。

実際には貯金も収入も
それほど無いのに、
大きいことを言うお客様は大勢います。

店外デートに誘わなくとも、
キャバ嬢に注目されたい、
特別視されたい一心で
お金持ちのフリをするお客様もいます。

その一方で、
一見すると普通のサラリーマンで
飲み方も派手じゃないけど
実はお金持ちだった
みたいなお客様もおられます。

お客様と親密になるほど
簡単に見抜けますが、
初見で見抜くことは中々難しいです。

お客様の言葉に惑わされることなく、

・裕福な人
・エセ金持ち

を外見だけで見抜く方法をご紹介します。

補足
見抜く対象は
”スーツ姿で来店されたお客様”
に限定した記事です。

靴でわかるエセお金持ち!

4万円以上の価格帯の
ビジネス靴の大半は
グッドイヤーウェルトという製法で
作られています。

4万円以上なので、
もちろん10万円や30万円以上する
高級紳士靴のほとんどが
グッドイヤーウェルト製法です。

このグッドイヤーウェルト製法で作られた靴は、見た目ですぐわかります。

コバがあれば高い靴、なければ安い靴

この青い線で囲っている部分、
これをコバといいます。

グッドイヤーウェルト製法の
特徴の1つです。

コバがなければセメント製法といって
安物の靴の可能性が高いです。

けれど4万円の靴ならサラリーマンでも
手の届く価格帯ですので、
グッドイヤーウェルト製法=お金持ち
という判断はできません。

けどエセ金持ちはわかります。

お金持ちかどうか
判断できる材料にはなりませんが、
安い靴を履いている人がわかります。
安い靴をボロボロになるまで履いて
踵がすり減ってるのに、
景気のいい話をしてくる客さんには
要注意してください。

エセ金持ちの可能性が濃厚です。

お金持ちに憧れて、
良い時計や良いカバンを
無理して持つ男性は多いですが、
そういった男性は足元だけが
疎かになりがちです。

経済的にも精神的にも余裕のある人は
足元まで意識が行き届きます。

安い靴を磨く人は少ないので
”コバ”と”綺麗さ”の両方で判断してください。

補足
開業医や経営者、
上場企業の役員の方は、
良い靴を履いてピカピカに手入れしている人が多いです。

ワイシャツにお金をかけれるのは富裕層!

50万の時計を無理して買う
サラリーマンは大勢います。
けれど2万円、3万円以上の
高級ワイシャツを普段使いしている
サラリーマンはそういません。

高いワイシャツを
日常的に着ている人は、
お金持ちの可能性大です。
お金持ちでなくても、
毎月自由に使えるお金が多い人です。

高いシャツの見分け方をご紹介します。

ボタンが貝。

ジャケットを着てネクタイをしてたら、ワイシャツのボタンまでは
確認しにくいですが、
チャンスがあれば見てみてください。

高級ワイシャツのボタンは
白蝶貝という貝です。
安いシャツのボタンは
プラスチックです。

光り方が違うんです。
貝ボタンは色々な色に光っています。
1個1個違う光り方をしています。
プラスチックのボタンは
どれも同じ光り方をします。
だからワイシャツについている
複数のボタンを一緒に見る事で、
貝かプラスチックか
素人にもすぐに判別できます。

白蝶貝のボタンは高価で
卸値で1個100円〜200円くらいします。ワイシャツ1枚につき、
ボタンは11個前後ついているので
ボタンだけで原価が
1,000円以上するんです。
3,000円で売るシャツに
1000円以上のボタンは
高過ぎてつけれません。
だから貝ボタンがついているシャツは
高級ワイシャツなんです。

補足
ちなみに貝ボタンと
プラスチックボタン、
触ってみて冷たい方が貝ボタンです。

高級ワイシャツの生地には上品な光沢がある!

安いワイシャツは
綿とポリエステルの混合です。
一般的に
ポリエステルの割合が高いほど
安いワイシャツです。
1万円前後の価格帯から
綿100%のワイシャツになります。
これはタグを見れば
もちろんわかりますが、
さすがにお客様のワイシャツの
タグまでは見れませんよね。

けど同じ綿100%でも、
グレードがあります。
それは糸の細さ。
糸が細いほど品質良いとされています。
この糸が細いほど、
なんとも言えない
上品な光沢が生まれます。
本当に綺麗です。

なんか光沢があって綺麗だな!
と思ったらボタンを見てください。
きっと貝ボタンです。

スーツはビジネスマンの戦闘服!

仕事のできる人は
スーツもビシッと着ています。

サイズの合ったスーツかどうか、
既製品が自分の体形にピッタリと
フィットすることはありません。
オーダーでしか無理です。
体形にあっていないスーツを
着用していたら
オーダーではなくて既製品です。

高いスーツは生地が違います。

最近は3万円以下で
格安オーダースーツが
作れる時代になりました。
なのでオーダースーツを着ている
=お金持ちという判断ができません。
安いオーダースーツなら
社会人1年目でも
十分購入できる価格帯です。

お客さんから
ジャケットを預かることがあれば、
生地のブランドを確認してください。

有名なのは、

ゼニア

ロロピアーナ

ドーメル

スキャバル

他にも色々ありますが、
このあたりが1番多い印象です。
これらの生地で
オーダースーツを作ると
最低でも1着10万円以上しますので
覚えておいて損はありません。
高い生地のスーツはシャツ同様、
上品な光沢があるものが多いです。

時計やカバンはもちろん、
・靴
・ワイシャツのボタン
・スーツの生地
これら全てクリアしていれば、
どれだけ質素に飲んでいても
経済力のあるお客さんと
判断してまず間違いないでしょう。

逆にどれもダメダメなのに、
大きい話をしてプライベートに
誘ってくるお客様は要注意です。
お客さんの話を信じて
言いなりになったり、
たくさんお金を使わせすぎて
あなたの事を
負担に感じるような事がないように
注意しましょう。

経済的にも精神的にも裕福な人は、
ブランドにこだわらず
品質の良いものに
こだわる傾向にあります。

だからハイブランドのロゴが
目立つカバンや財布じゃなくて、
本当に良質な革を使っている
カバンや財布を好む人が多いです。

是非意識してみてください。

最近の投稿

カテゴリー